エックスサーバーの最大の魅力の一つに、独自SSLが無料で設定出来るというものがあります。

エックスサーバーのサイトにもやり方はのっているのですが、ちょっと分かりづらいので、今回はその方法を紹介しますね。

と、その前に、「そもそもSSLって何なのか?」、無料とは言っても、「設定した方がいいのか?」を知っておきましょう。

SSLとは?

SSLとは送受信するデータを暗号化して、安全にやり取りをするものです。

SSL化したものと、そうでないものの区別の仕方は簡単で、「S」が付くか付かないかです。

  • SSL化 ⇒ URLが「https」から始まります。
  • SSL化していない ⇒ URLが「http」から始まります。

 
また、SSL化してないものは、URLの横のマークをクリックすると、「機密情報は入力しないでください」と注意書きがあります。

SSL化はした方が良いのか?

「SSL化した方がいいのか」の結論を先に言うと、間違いなくした方が良いという答えになります。

その理由は、「検索順位に影響するからです」、これは予想ではなく、現にGoogleが、そう発表しているんですね。

HTTPS をランキング シグナルに使用します
ユーザーがもっと安全にサイトを閲覧できるよう、すべてのサイト所有者の皆様に HTTP から HTTPS への切り替えをおすすめしたいと考えています。⇒ ウェブマスター向け公式ブログ

HTTPS ページが優先的にインデックスに登録
Google は、より多くの HTTPS ページを探すよう、インデックス システムを調整していることをお知らせします。⇒ ウェブマスター向け公式ブログ

というように、少しでも検索順位を上げたいアフィリエイターにとっては、やった方がいいわけですが、「やってないサイトが結構多いのでは?」と思うかもしれませんね。

それは、修正が大変だということです。すでにたくさんの記事を書いているサイトだと、内部リンクやら、画像やらと、URLが変わるので、途中からSSL化するのは大変なんです。

ということで、これからブログやサイトを作ろうという人は、ぜひ SSL化することをおすすめします。

通常SSL化は、SSLサーバー証明書というものが必要で、更新などもあり結構な金額になってしまいます。

それが、エックスサーバーではすべて無料です。さくらレンタルサーバーやロリポップからも独自SSLが無料のためにエックスサーバーに切り替えるという人もいます。

レンタルサーバーをどこにしようか迷っている人は、本当ににエックスサーバーが良いと思いますよ。

エックスサーバーでの独自SSLにする方法

ではでは、SSL化しましょう。簡単ですよ。(^^)/

エックスサーバーでの作業

まずは、エックスサーバーのサーバーパネルに行きます。

ドメインの中の「SSL設定」をクリックします。

今からSSL化するドメインを選択します。

独自SSL設定の追加タブをクリック

確認するだけで、何もせず右下の「独自SSL設定を追加」をクリック。

SSL設定一覧のタブをクリックします。

SSL用のアドレスをクリックします。

すると、下の表示のようになります。1時間程度待ちましょう。

最後にワードプレスでの作業

1時間位待つと、先ほどのSSL用のURLでサイトに繋がります。そしたら最後にワードプレスで設定を行います。

ワードプレスのダッシュボードに行き、左のメニューの「設定」⇒「一般」に行きます。すると、上の方に「WordPress アドレス (URL)」と「サイトアドレス (URL)」があります。

この二つに、小文字の「s」を付けて、「http」から「https」にして下さい。ここは慎重に、スペースとか入らないように、小文字の「s」を付けて、「http」から「https」ですからね~。そしたら最後に、下にスクロールして「変更を保存」をクリックして終了です。

URLの横が「保護された通信」に変わりました。

以上で独自SSLの設定は終わりです。
ではでは(*´▽`*)