こんにちは、キョウヘイです!

アフィリエイトの無料塾の講師をしているのですが、その中でGIMPという画像編集ソフトを使って、ヘッダー画像を作るというカリキュラムがあります。

分かりやすい動画を見ながらの作業なのですが、それでもまったくの初心者の方には難しく感じる人もいます。

ということで、今回は、GIMPでの操作でよく使う「文字を縁取って影を付ける」という作業がしやすくなるような基本的なポイントというか考え方についてです。

作業する上での考え方は「どこを」「どうする」です

ではでは、今回まず初めのポイントです。

操作の基本は「どこを」「どうする」です。

 
「どうする」というのは、「拡大」させたり、「回転」させたりといったものです。
そして、「拡大」させるにしても、パソコン的には「どこを?」となるわけです。

なので、「どこを」を指定してあげなくてはいけないのです。
それが、「選択範囲」というものです。
「どこを」にあたるのは、レイヤーだったり、「選択範囲」だったりということですね。

GIMPには、たくさんのツールのアイコンがありますが、基本的には、「選択」と付く「どこを」にあたるものと、「拡大」や「回転」などの「どうする」にあたるものがあると考えると分かりやすいと思います。

そう考えると、使わないものも多いし単純でしょ。(#^.^#)

GIMPで文字を装飾する上でのポイント

GIMPで文字を打ち、それに「縁取りをして影を付ける」
こういったものの作業手順を丸暗記で覚えていませんか。

ま、それでもいいですが、それだと結構忘れちゃったりしますよね。
なので、二つ目のポイントは「文字を装飾する上でのポイント」です。

文字装飾でのポイントはレイヤーを理解すること

GIMPを使いこなすにはレイヤーを理解しなければいけません。

レイヤーとは、「層」という意味です。イメージとしては透明なフィルムがあり、それを重ねると一枚の絵になるといった感じです。

上の画像では3つのレイヤーという表現になります。
1番下のハンバーガーを1番上に持ってくると、ハンバーガーで字が隠れると言った感じです。

文字に「縁取りをして影を付ける」作業での考え方

「どうです?」レイヤーは理解できましたか。
それでは、文字に「縁取りをして影を付ける」作業をしていく上での考え方です。

「あ」という水色の文字があり、これに青の縁取りをして影を付けたいわけです。

考え方としては、「あ」をもう一個作り、それを一回り拡大させ青く塗り、それに影を付けます。

そして最後に、【水色の「あ」のレイヤー】を【青の「あ」のレイヤー】の上に載せて完成です。

実際のGIMPでの作業

では実際に上での考えを浮かべながらGIMPで作業していきましょう。

  1. 「あ」の文字を打ちます。
    そして、一回り大きい「あ」を別に作りたいので拡大させるのですが、「どこを」拡大させるかの選択範囲を指定しなくてはいけません。

    レイヤーの中で「あ」は不透明なのでそこが選択されるように、「レイヤー」→「透明部分」→「不透明部分を選択範囲に」をクリック

    すると「あ」が選択されました。

  2. 一回り大きな「あ」を作るためにレイヤーをコピーします。
    コピーしてから選択範囲を指定したりと、ここら辺の順番は入れ替わっても問題ありません。

    右上にある「レイヤー」タブで、複製したいレイヤーを選択して、矢印の「レイヤーの複製」をクリック

  3. 重なっているのでわかりづらいですが、レイヤーが複製されました。
    複製させたレイヤーの「あ」の選択範囲を一回り大きくしtます。
    「選択」→「選択範囲の拡大」をクリック

  4. どれぐらい拡大するか入力します。
     
  5. 選択範囲が拡大されました。

  6. 拡大された選択範囲を縁取りの青で塗りつぶします。
    「バケツツール」にして、矢印の部分をクリックして、縁取りの青にします。
    その下の部分の塗りつぶす範囲を「選択範囲」にします。

    選択範囲のところにカーソルを持っていきクリック

    すると青色で塗りつぶれされます。

  7. 縁取りの青の部分に影をつけます。
    「フィルター」→「照明と投影」→「ドロップシャドゥ」をクリック

    「ドロップシャドゥ」のダイヤログが出るので、数値を入れ「OK」をクリック

    縁に影が付きました

  8. レイヤーを入れ替える。
    影の付いた「あ」の下には、重なって見えませんが、一番下に水色の「あ」があるので、一番上に持ってきます。
    水色の「あ」のレイヤーを選択して、ドラッグ・アンド・ドロップで上に移動させます。

  9. 最後に「選択」→「選択を解除」で完成です。
    なお、そのままでは移動するとバラバラになってしまうので、レイヤーを右クリックして「下のレイヤーと統合」をクリックすればグループ化することができます。

以上です。

ま、でもこういったものはたくさん使って慣れるのが一番かもですね。
ではでは^^