ブログなどに商品の広告を載せ、その商品が売れると報酬がもらえる。そういったものがアフィリエイトでした。

ということは、ブログに載せる広告を選ばなくてはいけません。そこで登場するのが、ASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダ)というものです。

アフィリエイトをしていく上でとても重要なものです。このASPを上手く利用出来るか、出来ないかで収支は大きく変わってくるので、しっかりと身に付けましょう。

ASPとは?

あなたがブログを作り、そこに広告を載せたとします。この時、この広告主(企業)とあなたの仲介役をしてくれるのが ASPです。

報酬がもらえるまでの流れ

まずは、あなたがブログを作り商品の広告を載せた場合、「どのようにして報酬がもらえるのか」といった流れを見てみましょう。

  1. いろんな企業(広告主)がASPに商品を登録します。
  2. あなたは、ASPから公告を選びます。
  3. 訪問者があなたのブログから商品を購入します。
  4. ASPから報酬が支払われます。

さて、全体的な流れは分かったでしょうか。あなたと、広告主のやりとりをすべてASPがしてくれます。

あ、それと、大事なことですが ASPを利用するのは無料ですよ。(^-^

ASPは広告のデパート

料理を作るのに、魚屋に行って、肉屋に行って、八百屋に行ってでは大変なので、いっぺんに揃うスーパーに行って買い物をしますよね。

広告も同じで、一つ一つの店に行って広告を探すのは大変です。ASPに行けば、あらゆるジャンルの商品の広告が揃っていて、あなたはそこから公告を選べばいいだけです。

そうですね、いわゆる、「広告のデパートや~」と言った感じでしょうか。ヽ(=´▽`=)ノ

ASPの種類

ブランド品を多く扱っていたり、食品に力を入れていたりとデパートにもいろいろありますよね。同じくASPもたくさんあり、それぞれ得意な分野があったりします。

物販系全般だったり、美容に関するものが多かったり、スマホで扱うアプリが多かったり、あるいは「情報」という商品だったりもします。とにかく様々なものがあり、そこから自分にあったものを選んでいくわけです。

例えば、「楽天」や「amazon」には独自にASPがあるのですが、これらは「物販系」の広告を扱っている ASPということになります。

まずはASPに登録をしよう

上で話したように、ASPはたくさんあります。「楽天」や「amazon」の他にも、有名なところでは「A8」といったところでしょうか。

次回、「これだけは登録しておきたい」というASPを紹介していきたいと思います。